店舗デザイン・リフォームのコンセプト

  1. ホーム»
  2. 店舗デザイン・リフォームのコンセプト

一緒に悩み、考える~店舗・事務所の改装・リフォームのコンセプト~

現在、店舗デザインやオフィスリフォーム、戸建リフォーム、マンションリフォームをお考えの方は、ぜひティーズ・システムまでご相談ください。当社は、お客様と一緒になって悩み、考え、最高の空間づくりのお手伝いをいたします。このページでは、当社からお客様へのメッセージや、店舗デザインやオフィスリフォーム、戸建リフォーム、マンションリフォームコンセプトについてご紹介します。当社は、浜松を中心に名古屋、静岡、岐阜、三重などの東海地方から、東京、埼玉、千葉、横浜などの関東地方まで、幅広い地域に対応しています。

メッセージ1 店舗デザイン・リフォームをお考えの方へ

店舗の繁盛にはさまざまな要素が影響し合い、結果につながります。ただ単に見た目が良く使い心地の優れた環境を整えるだけでは、成果は約束されません。当社は立地や動線設計、コスト、ターゲットを第三者の視点から調査を行い、効果的な施策のご提案が可能です。多くの実績を持つ当社ならではのアイディアで、店舗デザイン・リフォームを成功に導きます。

各分野のスペシャリストが一緒に考えます!

立地 お客様の目を惹き、入店しやすいようなお店をつくるために、立地という観点からアドバイスを差し上げます。
動線設計 スタッフが動きやすく、お客様が不自由を感じないような動線設計を一緒に考えます。
コスト どこに比重を置いて費用をさくか、といった部分について、専門家ならではのご提案を差し上げます。
ターゲット 商圏によってターゲットやニーズはさまざま。当社ならリサーチから効果的な店舗設計までをお手伝いできます。

メッセージ2オフィスリフォームをお考えの方へ

オフィスリフォームする目的は何でしょうか? スタッフの生産性向上や対外的なブランディング、その他にもさまざまな理由があるでしょう。企業様が目指す最高の仕事場を実現するために、ぜひお話をお聞かせください。当社にはこれまでに多くのオフィスリフォームを行ってきた実績があります。そのすべてを生かし、理想のオフィスづくりに貢献します。

各分野のスペシャリストが一緒に考えます!

スタイル 業種や社風によってオフィスのスタイルは異なります。それぞれの会社に最適なレイアウトやデザインを一緒に考えます。
快適性 改装・リフォームをするなら、型にとらわれない自社だけの快適性を追求しましょう。当社がしっかりサポートいたします。
エコロジー 地球環境を考えた省エネ・エコ施策もお任せください。節電によるコスト削減も期待できます。
モチベーション 快適な職場では、スタッフのやる気も高まるもの。そのための設備や設計も、実現可能です。

ティーズ・システムが行う店舗デザイン・リフォームのコンセプト

まずは声をお聞かせください!ティーズ・システムが“想い”をカタチにします

夢を実現するには、言葉にすることが重要だと言われますが、店舗デザイン、オフィスリフォーム、戸建リフォーム、マンションリフォームを行ううえでも同じことが言えます。お客様が思い描く“夢”や“こだわり”を、まずは言葉にしてください。そしてそれを私たちにお聞かせいただくことから、店舗デザイン、オフィスリフォーム、戸建リフォーム、マンションリフォームははじまります。

ていねいにヒアリングした内容は、当社や提携の各専門業者が具現化していきます。想いを叶える空間プロデュースなら、当社にお任せください。

経験を生かしたご提案で、店舗のお困りごとを解決!

店舗の改装・リフォームには土地や建物、内装だけではなく、戦略的な施策や法律関係に対する対策などが欠かせません。
当社には、立地や動線、コスト、ターゲットやニーズに至るまで、店舗に必要なすべての項目を適切にカバーできるだけのノウハウがあります。法律関係まで含めたトータルプロデュースで、最高の店舗空間づくりをお手伝いします。

居抜き物件のリフォームもぜひご相談ください

当社では居抜き物件のリフォームにも対応が可能です。使えるものはそのまま残し、気になる部分のみをリフォームで補えば、短期間かつローコストで理想の店舗をつくりあげることができます。

居抜き物件とは?

飲食店や美容室といった店舗の内装、家具、設備、什器備品がそのまま残った状態で貸し出される物件のことを「居抜き物件」と言います。前テナントの使用状況や経年によって居抜き物件の状況はさまざまです。

居抜き物件のメリット

なんと言っても、初期投資が安く抑えられるのが最大のメリットです。また、オープンまでの期間も短縮でき、素早く事業を開始できます。さらに、以前のお店が飲食店でスタートする事業も飲食店、といった場合には、以前の顧客を取り込める可能性もあります。そのため、同じ業態だった居抜き物件があった場合には、有力な候補として検討してみるといいでしょう。

居抜き物件の注意点

さまざまなメリットがある居抜き物件ですが、慎重に契約をしないと思わぬトラブルに見舞われることがあります。そのため、契約時には以下の注意点をしっかり確認するようにしましょう。

  • 情報が早いため、諸条件などが不確定の場合がある
  • 前店舗の悪いイメージや評判を引き継ぐ可能性がある
  • 厨房機器などのリースが残ってしまっている場合がある
  • 業態が異なると、レイアウトや設備の変更に
    コストがかかる
  • 設備や造作が劣化し、オープン後に故障する場合がある

店舗デザイン・リフォーム