住宅リフォームのコンセプト

  1. ホーム»
  2. 住宅リフォームのコンセプト

夢の住まいを実現!~住宅リフォームコンセプト~

お客様が考えるさまざまなご要望を実現する、ティーズ・システムの戸建リフォームやマンションリフォームなどの住宅リフォームコンセプトについてご紹介します。また、住宅リフォームに関する基礎知識についても掲載しておりますので、ぜひ参考までにご覧ください。当社は、浜松を中心に名古屋、静岡、岐阜、三重などの東海地方から、東京、埼玉、千葉、横浜などの関東地方まで、幅広い地域に対応しています。

あらゆるニーズにお答えするティーズ・システムの住宅リフォームサービス

当社では、お客様の「夢の住まい」を実現するために、部分リフォームから全面リフォームまで、さまざまなご要望にお応えします。
店舗デザイン・リフォームの実績と経験や、多数の協力会社に在籍するスペシャリストの腕を生かし、ご満足いただける戸建リフォームやマンションリフォームなどの住宅リフォームをお届け。さまざまなアプローチによって生み出されるプラスαの価値で、お客様にぴったりの暮らしを当社がプロデュースいたします。

ティーズ・システムがお約束する3つの“当たり前”

当たり前のことを当たり前に行うのが当社の戸建リフォームやマンションリフォームなどの住宅リフォーム。お客様の安心と満足のため、当社では3つの“当たり前”を重視しています。

1.ご近所への配慮を忘れないのは“当たり前”

工事中には騒音や臭いなど、近隣の方にご迷惑をかける場合がございます。そのため、着工前はもちろん工事中なども当社スタッフがご挨拶にまわり、ご理解をいただけるよう努めます。

2.お茶など用意は自分たちでするのが“当たり前”

休憩中のお茶などは自分たちで用意すべきと考えています。お茶出しなどのお気遣いをしていただけるお客様もいらっしゃいますが、非常に恐れ多いことです。お気持ちだけいただき、その分工事を早く終わらせられるよう努めます。

3.清掃と安全を徹底するのは“当たり前”

作業中の事故などに備え、作業員の安全確保を徹底します。また、作業完了後には周辺の清掃を必ず行い、ゴミなども残さないよう努めます。

その契約、大丈夫?覚えておきたい住宅リフォームの基礎知識

そのリフォーム業者、大丈夫ですか?業者選びの基礎知識

「今ならキャンペーン中でこんなにお得ですよ!」
「このまま放置しておくと、大変なことになりますよ……」

……なかには、こうした謳い文句で営業をかけてくる悪質な訪問業者もいるようです。こうした、とにかく契約を急かそうとしてくる業者は目先のお金を一番に考えている可能性があります。そのため、本来必要な工程を削減するなどして“手抜き工事”が行われる、というケースも多発しているようです。

手抜き工事が行われると、工事完了後はキレイにできていたとしても、その後ボロが出てきてしまうこともあります。また、保証やアフターフォローなどを受け付けてくれないこともあり、結局は泣き寝入りになってしまうのです。

大きな費用をかけて行う住宅リフォームだからこそ、業者選びは慎重に行いたいところ。まずはその場で契約をせず、以下のチェックポイントについて確認をしながら検討をするようにしましょう。

悪徳業者に騙されない! チェックしておきたい4つのポイント

その1

施工例を提示してもらう

リフォームならすべてお任せと言っていたとしても、実際には外壁塗装の経験が少ないなど、経験不足の分野があったりするもの。過去の施工例を見せてもらい、その仕上がりなどをチェックするようにしましょう。

その2

地元の業者かどうかを調べる

評判の悪い業者は、地元では仕事を続けられません。そのため、該当の業者がその地域で長い実績を持っているならば、それだけで水準以上の信頼を得ているという裏付けになるでしょう。

その3

細かい部分まで説明してくれるかをチェック

工事の方法や塗料の種類、その他さまざまな項目の料金がなぜかかるのか、といった部分まで細かく説明してくれる業者は優良である可能性が高いでしょう。

その4

アフターサポートがあるかを確認

保証書の有無や、施工後のアフターサポートの有無は、依頼するうえて非常に重要なポイントになります。内容も含めて、必ず確認しておきましょう。

戸建てリフォームの基礎知識

戸建ての住まいをより良いものにしたい、と考えた際の選択肢には「リフォーム」か「建て替え」があります。ケースや要望に合わせて選ぶことが大切ですが、最近では法規制や建物の構造の関係で、リフォームをオススメするケースも増えてきています。
以下は、リフォームと建て替え、それぞれのオススメのケースをまとめた表です参考にご覧ください。

リフォームがオススメ 建て替えがオススメ
  • 建築基準法によって、建てた当時よりも建て替えで家屋が小さくなってしまう場合
  • キッチンや寝室などの部分的なリフォームをしたい場合
  • 工期が長期になると困る場合
  • 思い出の住まいを残したい場合
  • 地盤が悪く、家屋が傾きかけている場合
  • 土台や柱がシロアリに侵食されてしまっている場合
  • 昭和40年代以前の建築物の場合
    (耐震性に心配があります)
  • 全面改修によってリフォーム工事を行うより、費用が安い場合
戸建てリフォームが可能な部分
増築 屋根裏収納 水廻り 間取りの変更
屋根、外壁の変更 エクステリアの変更 吹き抜け 玄関ドアの交換
内装 トップライト 窓の交換、新設  
マンションリフォームの基礎知識

いくら自分の専有部分であったとしても、分譲マンションなどはあくまで集合住宅。そのため、法律や規約にのっとったリフォームが必要です。以下で、主な法律や規約をご紹介します。

区分所有法 一般的に「マンション法」と呼ばれるもので、区分所有者が共同生活を送るための決まりについてまとめられた法律です。
管理規約 マンションの管理組合が定める規約で、暮らしのルールや建物の使用法についてまとめられたものです。
使用細則・協定 マンションを利用する上のルールを区分所有法や管理規約に基づいてまとめたものです。
消防法・その他 火災防止や被害軽減を目的に定められた法律が消防法です。その他には、建築基準法や水道法、ガス事業法、電気事業法といったものがリフォームには関わってきます。
マンションリフォームが可能な部分
構造体 玄関ドア
ベランダ パイプスペース バルコニー

Pickup!リフォームとリノベーションって何が違うの?

  • リフォーム新築状態への修復
  • +
  • 付加価値それぞれの暮らしに
    合わせた間取りや
    機能の向上
  • =
  • リノベーション新しいスタイルの
    暮らし

リフォームの目的は経年などによって劣化した建物を、新築の頃の状態へ修復することです。 それに対しリノベーションは、それぞれの暮らし方に合わせて間取りを変更したり、機能・性能の向上をしたりして、新しいスタイルの暮らしをデザインすることです。当社では、リフォーム、リノベーションのどちらにも対応が可能です。お客様の暮らしやすさを最大限に引き出すご提案を差し上げますので、ぜひご相談ください。

住宅リフォーム